薬膳梨楽

“薬膳”と“栄養学”が学べる食のスクール

薬膳梨楽は“薬膳”そして“栄養学”が学べるスクールです。


管理栄養士と国際薬膳調理師の資格を持つ講師によるレッスンです。


レッスンのゴールは知識を学ぶことではなく“日常で使うこと”です。

身体・感覚にフォーカスする“薬膳


食材の細かい部分を見ていく“栄養学


どちらが良い悪いはありません。


両方の視点を持てば、もっと「食」の力を高めることが出来るのです。
▷薬膳と栄養学の視点の違い

薬膳は【からだと食べ物の相性チェック】の繰り返しです。


「からだが冷えるなぁ…今夜は生姜を使おう!」と言うように自分のからだにフォーカスして食材を選ぶので、
つい自分のことが疎かになりがちな方にこそ、おススメです!

栄養学は、先人たちの智慧である薬膳を現代の食生活にフィットさせるときに役に立ちます。


今のからだにあった食材であれば、
何gでも何kcalでも食べて良いのかというと、
当然そんなはずはありません。

逆に栄養価の基準は満たせていても、
その時のからだに合わない働きをする食材では支障が出ます。


薬膳と栄養学、分断して考えるのではなく、それぞれの強みを使っていけばいいのです。

どちらから、どちらかだけ学んでも大丈夫です。

今のじぶんにフォーカス”して“今のじぶんにちょうどいい”を選びましょう。

明日のあなたの心地よさのために、私がお役に立てるなら幸いです。

薬膳梨楽 首藤真梨子

PAGE TOP