【レシピあり】久しぶりの自家製プリンに大満足。米粉スコーンのリメイクでプリンタルト。

久々にプリンを作ってみたら、我ながら美味しかった!

最近ことごとくお菓子作りは失敗続きだったので、嬉しさ倍増!!

プリンタルトを作ったいきさつ

実はその前日、

米粉でスコーンを作ったんです。

バターをココナッツバターにしたのがまずかったのか、配合が悪かったのか、

味は良いけどコチコチに。

一見普通だけど時間が経つと、さらに硬くなり石のように…。

(実物はこんなに濃い色でもない)

味が良いのでもったいないと、削ったものをタルト底にしようと思いついたのです。

でもフィリングは何にしよう。

とにかく家にあるもので簡単にできるもの…

!!

卵、牛乳、砂糖でプリン!プリンタルトにしよう♪

と、久しぶりにプリンを作ってみることにしました。

タルト生地

スライサーで粉々に。スライサーの刃は無事です◎

そして牛乳少々でまとめて、パウンド型の底に敷き詰める。

切って食べるのではなく、スコップスイーツにすればいいと思ったので、

ベーキングシートは無し。

クラシックなプリン液

ただでさえ失敗もののリメイクなのに、さらに失敗を重ねたくない!!

なのでとにかく王道を攻める。

甘みを蜂蜜に変える手もあったけど、蜂蜜=砂糖の量ではない。

その微調整で「ちょっと甘すぎた」「ちょっと甘さ足りなかった」とか言いたくなかったので、

今回はきび砂糖で。

とにかくスタンダートにいきたくて、普通に卵・牛乳・きび砂糖。

と言いつつ、目の前に「またいちの塩」があり、またいちの塩プリンを思い出したのでひとつまみ。

(実際は塩をかけて食べるプリンですが)

プリン液の配合

今回はこんな配合でした。

卵3個、砂糖50g、牛乳500㏄。

2回濾して型へ。

18㎝パウンド型に入れて190℃30分焼く。

入らなかった分はグラタン皿へ。こちらはアルミホイルで蓋をして、

深い鍋にお湯張って20分ほど蒸す。

試食

この配合は切ってなんとか自立はする、とろとろではない硬さです。

そして焼いたものと蒸したものの違いは、表面に焼き目が付くかどうかくらいで、

食感に違いはほぼ無。

焼いたものはカラメルシロップを上からかけたので、

数時間後より6時間くらい置いた方が馴染んで美味しかった。

久々のクラシックなプリンに大満足!!

たんぱく質源になるオススメおやつ

高度な技も特別な道具もいらない。

蒸し器だってお鍋や、深さのあるフライパンで十分。

カゼインが気になる方は豆乳やアーモンドミルクなどにすればいいし、

砂糖を使いたくないなら、好きな甘みにすればいい。

アレンジはいくらでも利くし、手に入りやすいものでできる。

何より余計なものが入っていないので、安心のたんぱく質源おやつ◎

卵1個から作れるし、耐熱性であれば何の器でもいけるお手軽さ。

シンプルだけどすごく満たされるので、おやつにいかがでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP